後付け工事可能です!あると便利な「電動シャッター」取り付け工事レポート

タッフ ブログ

こんにちはトーシンリフォームです。

先日工事をさせて頂いた、後付けの「電動シャッター」をご紹介します。

電動シャッターを取り付けるというと、窓を壊したりするのかしら?大がかりな工事になるのかしら?と思われますが、電動シャッターの取り付けは、既存の窓に後からリフォームして取り付けることができます。

そして現在ある窓を壊すことなく取り付けられるタイプもあり、工事日数も一日でできるものもあります。

今回は弊社で取り付けさせていただいた、「LIXILの電動シャッター」取り付け工事をご紹介します。

暗くなってからシャッターを閉めようとすると、室内の電気につられて虫が入ってきてしまう!とお悩みのお客様に、「電動シャッター」の取り付けをご提案させていただきました。

取り付け工事工程

工事前 手動のシャッターが取り付けてあります。
既存のシャッターを外す
電動シャッターの取り付け
完成

取り付け工事と同時進行で電気の工事も行います。

このタイプの場合、電気工事の室内作業はありません。

リモコンはシャッター1か所に1個

こちらのお宅は3か所のシャッターを交換しましたが、9時頃から工事を始め12時頃には工事が完了しました。

とても大掛かりな工事になり、1日かかると思われますが半日で工事が完了しました。

すべての商品ではありませんが、このように手軽にリフォームできる商品もございます。

シャッターの開け閉めは毎日の作業ですので、お悩みの方はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

田中 徹正
田中 徹正株式会社トーシンリフォーム 代表
株式会社トーシンリフォームの代表の田中です。弊社は、塗装工事、防水工事、屋根工事を三本柱として住宅外部の改修工事をメインに行っている会社です。
小さな会社にしか出来ない、心のこもったサービスをさせて頂き、全てのお客様にご満足して頂けるよう精進いたします。

お問い合わせはお気軽に!
TEL受付 9:00~18:00 定休/日曜日
一戸建て施工事例
集合住宅・大規模物件施工事例
散水調査
雪止め工事
防水工事
屋根工事