[雨漏り調査]1階出窓周辺から雨漏り

スタッフブログ

こんにちは、雨漏り110番相模原店のトーシンリフォームです。

今回の事例は、出窓周辺からの雨漏りで、足場を組んでの調査になりました。

それでは調査の様子を見ていきましょう。

検査者  株式会社トーシンリフォーム 田中徹正(雨漏り診断士) 他2名

実施方法 散水 及び 赤外線カメラ診断

雨漏り調査

仮設足場

梯子で調査ができない場合は足場を組んでの調査になります。

散水箇所1 1階庇の両サイド

雨漏りは確認されませんでした。

散水箇所 2 1階出窓庇と外壁の端末

雨漏りは確認されませんでした。

散水箇所 3  1階と2階の中間 外壁切断面と亀裂

雨漏りは確認されませんでした。

散水箇所 4 2F出窓の側面の左右入角  

雨漏りは確認されませんでした。

散水箇所 5 出窓左右下の水切まわり 

雨漏りが発生しました。 

簡易な防水処置をして散水したしたところ、雨漏りが止まりましたので雨水侵入箇所と特定しました。

散水箇所 6 2Fの出窓右側の外壁

雨漏りは確認されませんでした。

散水箇所 7 屋根

雨漏りは確認されませんでした。

赤外線カメラ診断

雨漏り再現中に撮影したものです。

雨漏りが発生している場合は、低温の反応が出ます。(低温部は紫色の濃い色で写ります。)

低温部の反応がみられませんので、広く浸透するのではなく、侵入した水は、直後に排水されている事が推測できます。

躯体などへの影響は少ない雨漏りであったと考えられます。

診断結果

雨水の侵入箇所と思われる場所に、簡易なコーキングをいたしました。

処置は行っておりますが、あくまでも応急処置です。雨漏りを起こした部位である事をご理解いただき、長期的な経過観察をお願い致します。

トーシンリフオームには雨漏り診断士が在籍しています。

安心してご相談ください。

お問い合わせはこちらから


お問い合わせはお気軽に!
TEL受付 9:00~18:00 定休/日曜日
一戸建て施工事例
集合住宅・大規模物件施工事例
散水調査
雪止め工事
防水工事
屋根工事