クリアー塗装ではコーキングの色にこだわるべき!仕上がりに差が出ます!

スタッフ ブログ

こんにちは、トーシンリフォームです。

これまでにいろいろなコーキングのお話をしてきましたが、続いてはクリア塗装におけるコーキングの色のお話です。

どの塗装店に依頼しようか悩んだ時に、こんなポイントをチャックしてみるのも良いかもしれません。

これまでのコーキングのお話

・コーキングの種類と気をつけなければいけない、ブリード現象について

コーキングって「打ち増し」と「打ち替え」どちらがいいの?サイディング編 

コーキングって「打ち増し」と「打ち替え」どちらがいいの?ALC編 

トーシンリフォームが特にこだわっている、クリアー塗装のコーキングの色についてお話します。

コーキングの色選びについて

コーキング工事をする時に、コーキングの色はどのように選ぶでしょうか?

壁の色選びと違って、コーキングの色はあまり重要視されないことが多いように思います。

しかし弊社では、クリア塗装工事の場合コーキングの色は、外壁塗替えの美しさに差が出る重要なポイントと考えています。

なぜ色選びが重要なのか

外壁塗装において、壁の色ばかりを考えがちですが、外壁全体を見てみるとコーキング部分の面積も意外に多いものです。

一般的な塗替えの場合は、コーキングの色はそれほど重要ではありませんが、クリアー塗装となると話は違ってきます。

クリアー塗装はコーキングの色選びが難しい

コーキング材の色を選ぶ時、通常パンフレットを見て色を選びますが、外壁サイディングに近い色を選んだつもりがぜんぜん違ったという事があります

なぜかというと、仕上がった時に、選んだコーキングの色とクリアー塗装をした外壁の色は、真横で比べられる為に色の違いがよくわかってしまうからです

パンフレットでは、とても小さな色の差なのですが、実際に施工してみると色の差はとても大きいのです。

これは、プロでもぴったりな色を選択するのは難しいと思います。

プロが気になるコーキングの色選び

職業柄、外出中は常に周りの家々に目がいってしまいますが、特にクリアー塗装の現場には目がいきます。

クリアー塗装の現場は、塗装屋さんのセンスが出てしまうからです。

どんな所にセンスが出るかというと、コーキングの色です。

せっかく良い仕事をしているのに、コーキングの色が合っていない!という事がとても多いのです。

サイディングの色とコーキングの色が合っている例
サイディングの色とコーキングの色が合っている例
サイディングの色とコーキングの色を、もう少し合わせたかった例

先程もお伝えしましたが、色選びはプロでも難しいポイントです。

弊社では、お役様に強いこだわりが無い場合、コーキングの色はこちらで決めさせていただいております。

ここはプロとしてこだわりたいポイントなので、今までの経験からどの色がこの外壁を美しく見せるのかを考え、慎重に色選びをしています。

コーキングの色選びが成功するかしないかが、仕上がりの満足度にもつながります。

弊社はこのようなポイントにもこだわりを持っていますので、ご安心ください。

お問い合わせはこちら


お問い合わせはお気軽に!
TEL受付 9:00~18:00 定休/日曜日
一戸建て施工事例
集合住宅・大規模物件施工事例
散水調査
雪止め工事
防水工事
屋根工事