壁の塗装で冷房効率アップ!猛暑も快適!断熱・遮熱塗料「ガイナ」

スタッフブログ

こんにちは、トーシンリフォームです。

最近の夏の暑さは異常で、家の中でも熱中症で倒れる人がいるほどです。

そんな夏にトーシンリフォームがお勧めする塗料をご紹介します。

断熱、遮熱と言われて、トーシンリフォームがお勧めするのは「ガイナ」です。

今回は難しいお話は無しにして、我が家の室内の壁を「ガイナ」で塗装した時のお話をします。

ガイナとは

ガイナは、断熱・遮熱両方の機能をあわせもつ断熱セラミック塗料です。

メーカーさんのホームページにとても詳しく専門的な事が書いてありますが、すごく簡単に言うと、室内の温度を夏は涼しく冬は暖かく保つ事に優れた塗料です。

夏の冷房に対する効果、冬の暖房効率が格段に改善し、電気代・冷暖房費の削減につながります。

その省エネ性が高く評価され、「平成29年度省エネ大賞 審査委員会特別賞」を受賞しました。

ガイナの暑さ対策 遮熱・断熱に関する詳細はこちらをご覧ください。

部屋の壁にガイナを塗装して断熱

私の家には西日が強烈に当たる部屋があり、夏の室内温度は冷房も効かないほどに上がり困っていました。

そんな時にガイナという塗料を知り、ぜひ我が家にも塗ってみたいと思いました。

塗装した部屋は6畳で1日の作業でしたが、ニオイが完全に取れるまでには数日かかりましたので、数日の換気は必要です。

どうしても窓からの熱は伝わりますので、そこは窓に貼る断熱のフィルムを貼りました。

ガイナの断熱効果

夏はとてつもなく暑く冷房が効かない部屋でしたが、冷房の効きが良くなり、エアコンの設定温度も、18℃から24℃に変わりました。

壁を触って熱く感じる事が無くなり、この効果のおかげで、夏の夜はエアコンを止めて扇風機の風で眠れるようになりました。

快適に過ごせるようになったという事の外に、節電という嬉しい効果もありました。

環境省のホームページに「冷房の設定温度を1℃上げると、約10%の節電になります。」と書かれています。

私の家の場合では、+6℃の設定温度と、夜中に冷房を停止する事でとても大きな節電になり、結果電気代の節約にも繋がりました。

断熱、遮熱以外の特徴

ガイナには断熱・遮熱の効果の外にもいろいろな特徴があります。

その中の一つに、空気質改善というものがあります。

ガイナを塗った壁は、空気の中に浮遊している埃や花粉などを吸着しない特徴があるので、埃や花粉などは部屋に舞いにくくなります。

ガイナを塗った部屋は娘が使用していますが、ハウスダストと花粉のアレルギーを持っていて、それによる喘息を頻繁に発症していました。

この部屋にガイナを塗った効果だけとは思いませんが、その後アレルギー症状が軽くなりました。

ガイナの塗装は、クロスの張り替えと比べて高いものではありますが、断熱の効果、そしてアレルギー症状軽減への期待を考えると、高い買い物では無かったように感じました。

その他の効果はこちらをご覧ください。

いかがだったでしょうか?

断熱効果の感じ方に個人差はあると思いますが、施工されたお客様からも効果を感じたというお話をお聞きします。

ガイナについて詳しく聞きたい方はご気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらから

投稿者プロフィール

田中 美幸
田中 美幸
事務の田中美幸です。
主婦ならではの視点を生かし、塗装工事の紹介や工事中のお困りごとや悩み、素朴な疑問などを分かりやすくお伝えできるように心がけています。

お問い合わせはお気軽に!
TEL受付 9:00~18:00 定休/日曜日
一戸建て施工事例
集合住宅・大規模物件施工事例
散水調査
雪止め工事
防水工事
屋根工事