サイディング壁の塗替え!1色で塗りつぶすのはもったいない!ご近所に差をつけるウォールバリア多彩仕上工法

スタッフブログ

こんにちは。

相模原市を中心に、横浜市、町田市、八王子市まで幅広く対応!地域密着安心施工のトーシンリフォームです。

近年多くの住宅に使われているサイディング壁、おしゃれに塗り替えて、ご近所に差をつけちゃいましょう!

サイディング壁について

サイディング壁は、「窯業系サイディング」「金属系サイディング」「樹脂系サイディング」「木質系サイディング」という種類がありますが、日本で使われるサイディング壁のほとんどが窯業系サイディングです。

窯業系サイディングは、色やデザインのバリエーションが豊富なため、タイル調やレンガ調などデザインが豊富で人気があります。

サイディング壁も塗替えが必要で、窯業系サイディングの塗替え目安は10年です。

ウォールバリア多彩仕上工法

サイディング壁の塗替えを検討する時、クリヤー塗装1色塗り目地の部分を塗り分ける2色塗りで考えている方が多いと思いますが、サイディング壁の塗装にも様々な種類があります。

その1つに、ウォールバリア多彩仕上工法があります。

ウォールバリア多彩仕上工法とは

ウォールバリア多彩仕上工法は、スズカファイン株式会社の特殊な施工方法です。

WBアートという多彩仕上材と、特殊なローラーで施工します。

メーカーの登録店制度となっており、もちろんトーシンリフオームは認定施工店です。

認定施工店になるのは特別な講習を受け、講習を受けた有資格者のみに施工が許された特別な塗料です。

塗替え施工事例

特殊な工法で、おしゃれな模様に施工する事ができます。

この他にも、2色仕上、3色仕上と、色や模様など種類も豊富にあります。

施工イメージ

塗料の特徴

ウォールバリア多彩仕上工法に使われる塗料は、WB多彩仕上工法用高耐候ラジカル制御型塗料です。

ラジカル塗料は近年、価格の割に高耐候として人気のある塗料の種類で、一般的に「ラジカル制御型塗料」の事をラジカル塗料と言います。

ラジカル制御型塗料のラジカルとは、塗膜を劣化させる原因の一つです。

そのラジカルの発生を抑える塗料なので、高耐候の塗料と言えます。

詳しいラジカル塗料についてはこちら

また、塗料には「WBアートFシリーズ」「WBアートSiシリーズ」があります。

WBアートFシリーズは、ラジカル制御形水性1液ふっ素樹脂系多彩仕上塗料で、反応硬化形ふっ素樹脂を使用しています。

WBアートSiシリーズは、ラジカル制御形水性1液シリコン樹脂系多彩仕上塗料で、反応硬化形アクリルシリコン樹脂を使用しています。

それぞれの樹脂に光安定剤を配合する事で優れた高耐候性を発揮します。

WBアートFシリーズの詳しい情報(メーカーHP)

WBアートSiシリーズの詳しい情報(メーカーHP)

まとめ

ウォールバリア多彩仕上工法で施工させていただいた時のお話ですが、施工完了後に「張り替えたの?」とご近所の方に聞かれたことがありました。

それほど綺麗でおしゃれな仕上がりになりました。

特に、ご近所が同じサイディング壁を使っている場合など、塗替えで差が出るのではないでしょうか。

ウォールバリア多彩仕上工法で塗替えのお問い合わせはこちらから。

お気軽にお問い合わせください。

投稿者プロフィール

田中 美幸
田中 美幸
事務の田中美幸です。
主婦ならではの視点を生かし、塗装工事の紹介や工事中のお困りごとや悩み、素朴な疑問などを分かりやすくお伝えできるように心がけています。

お問い合わせはお気軽に!
TEL受付 9:00~18:00 定休/日曜日
一戸建て施工事例
集合住宅・大規模物件施工事例
散水調査
雪止め工事
防水工事
屋根工事