屋根に苔!?原因は?掃除で除去する方法と依頼時の費用について

スタッフ ブログ

先日外壁の藻やカビについて書きましたが、

今日は屋根に生えているかもしれない苔を放置していいか?放置すると危険なのか書いていこうとおもいます!

外壁とは違い目立たない屋根の上に苔などが生えていると気が付かない場合がほとんどだと思います。

屋根の上の苔どんなのなの?

こんなに大きい苔が生えているなんてびっくりしますよね。

どうして屋根に苔が生えるの?

藻やカビと同じで、苔も日当たりが悪い、森林の近く、川の近くなどで繁殖してしまいます。

生えやすい屋根

ストレート屋根やセメント瓦は苔が生えやすいです。

日当たりが最も関係していると考えられます。

日当たりの悪い北側面が最も苔が生えている印象です。


苔が生えていても放置していてもいいのか

藻やカビと同じで苔も繁殖に適した環境と言う事なので、水っけがあるという事になります。

屋根に苔が生えているという事は、水はけが悪くなっています。

水はけが悪くなる原因は塗膜の劣化です。


苔が生えているという事は、劣化のサインになっています。


苔が生えていると屋根の寿命が短くなる!

屋根の苔を放置してしまうと、屋根材自体が劣化してしまい、屋根の寿命が進んでしまいます

屋根内部の劣化になってしまう

劣化が進んで水分を含んだ屋根材を放置してしまうと、内部の防水紙や材木まで腐ってしまいます。

ここまで劣化が進んでしまうと塗装は出来ないので、屋根の葺き替え工事が必要になってきます。

業者に依頼しましょう

壁などは自分で、メンテナンスきる所もありますが、屋根は危険なので、業者に依頼しましょう。

10年目安の外壁塗装と一緒に屋根も塗装して頂くのが一番良いでしょう。

屋根を高圧洗浄し、苔防カビ剤を塗っていただいてから塗装してもらうのがいいでしょう。

業者に依頼時の費用

1戸建てでカビや藻の除去する場合、全面やるのであれば、20万以上かかります。

おすすめは塗り替えと同時にやるのが足場の費用などが1回分ですむのでおすすめです。

カビや藻と一緒で苔も、外壁や屋根が劣化してしまうという事です。

10年から15年の間に一度塗装しましょう。

見積もりを依頼し家の状態を診断してもらうのが一番です!

トーシンリフォームのご依頼はこちらまで。

投稿者プロフィール

田中 愛菜
田中 愛菜
広報の田中愛菜です。
小さい子供がいるので子育て世代の女性から見た工事や、工事を行う時に子供に配慮するべき点、ご近所さんへの対応など、リフォーム業界に携わって日が浅いため素人目線で投稿をしていきます。よろしくお願いいたします。

お問い合わせはお気軽に!
TEL受付 9:00~18:00 定休/日曜日
一戸建て施工事例
集合住宅・大規模物件施工事例
散水調査
雪止め工事
防水工事
屋根工事