コーキングって「打ち増し」と「打ち替え」どちらがいいの?サイディング編

スタッフ ブログ

こんにちは。トーシンリフォームです。

前回はコーキング材の種類とブリード現象についてお話ししましたが、今回はコーキングという施工の説明と注意点についてお話しします。

「コーキング材の種類とブリード現象について」はこちら

弊社では、既存のコーキングの状態が良い場合は、コーキングの施工をせずに外壁塗装を行う事もありますが、基本的には打ち替えをしてから外壁塗装を行います。

その理由についてもお話しします。

打ち増しって?

既存のコーキングの上に、新しいコーキング材を重ねて打つ施工方法です。

打ち増しより費用を抑えることができますが、劣化が早いです。

打ち替えって?

既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を充填する施工方法です。

打ち増しより費用が高くなりますが、長持ちします。

弊社が打ち増しを選択しない理由

サイディング壁に打ち増しをしても、見た目を綺麗にする効果はありますが、劣化が早い既存のコーキング材と新しいコーキング材の接着が弱い、新しいコーキング材が薄いので防水効果がほとんど無いなどの欠点がある為、弊社では選択しません。

しかし、打ち増しを選択する場所もあります。

打ち増しが可能な場所

打ち増しが可能なのは、窓やドアなどのサッシ周りのコーキングです。

既存のコーキングにヒビ割れや劣化が無ければ、打ち増しも選択可能な場所です。

劣化している部分だけを取り除き、その上からコーキングをする方法を選択する事もあります。

本来打ち替えが理想的ですが、打ち増しの方が安価な事と、打ち増しでも十分な厚みを確保できるので、打ち増しを提案する事があります。

打ち替えでの注意点

2面接着と3面接着について

2つの違いは、図のように目地とコーキングの接着面の数の違いです。

2面接着はボンドブレーカーという材料を、下地の壁側に貼りコーキングがその面につかないようにします。

外壁は天候条件や地震などの振動によって、外壁のボードとボードのつなぎ目が伸縮しますので、揺れに強い2面接着が適しています。

この2面接着が正しく行われていれば、外壁の伸縮に応じてシーリング材が伸縮するので、剥がれにくく耐久性も高くなります。

3面接着は、動きの少ないビル・マンションに適しています。

防水性が高く、窓周りなどにも使われます。

この違いを考えて施工する事により、コーキングの寿命も変わりますので、注意してみてください。

打ち替えの作業工程

カッターで切り込みを入れます。
古いコーキングを取り除きます。
ボンドブレーカーを貼ります。
プライマーを塗ります。
コーキングを充填します。
上からヘラで慣らします。
養生を剥がして完成です。

材料の種類や施工方法などにより、コーキングの寿命は変わってきます。

建物を美しく守るためにも、信頼できる業者を選びましょう。

お問い合わせはこちら


お問い合わせはお気軽に!
TEL受付 9:00~18:00 定休/日曜日
一戸建て施工事例
集合住宅・大規模物件施工事例
散水調査
雪止め工事
防水工事
屋根工事